延滞しないように日ごろから計画的にお金を使う

お金の出入りを把握する

ちょっと財布の中がピンチの時に少しだけと借入したけれど、返済予定日が来た時に指定の返済額がなくて延滞してしまった。そんなことがないようにするためのポイントがあります。まず基本は、お金の出入りを細かく把握しておくことが大事になります。パソコンでもノートでもいいので、現在いくら手元にあるのかを10円単位まで確認して書き出しておきます。そして、家賃や光熱費、水道などの固定費にお金をふりわけてしまいましょう。これは絶対に必要になるお金なので、使ってしまわないように先取りしてしまいます。残りから借入の返済額も振り分け早く返済してしまいます。これで延滞はせずに済みますし、お金が足りなくて返済日に間に合わない、どうしようとソワソワしたり、不安にならずにすみますね。

お金の流れを理解することが大事

現在どんなに安定したお給料をもらっている人も、収入が不安定の人も、毎月もらえる額の中から、いくらまでなら遊びで使えるとか贅沢ができるかを考える癖をつけるようにしてください。これはお金の流れを把握することになり、結果的にはお金の使い方を考えるようになるので、延滞しないようになります。尚且つ、延滞がなければ、延滞金分の増額という借入金以外の余計な支払いもなくなります。何よりも、お金を管理して把握することで借りることがなくなる分、貯金や運用もできるようにもなります。

また、うっかり返済日を忘れないように、スマホのリマインダーやカレンダー、タイマーを利用して返済日の前日にアラームで知らせるようにチェックしておくといいですよ。